1回の診察時間は約1時間

 東京ビューティークリニックでは、1回の診察時間は約1時間程度が平均値となっているようです。

 ただし、初回の無料カウンセリングは1時間で、その後すぐ当日から治療開始を希望する場合はさらに30分かかるので、初回は1時間半程度を見ておく方が良いそうです。

初回の無料カウンセリングは1時間

 2回目以降は、治療プランによっても異なってくるのですが1時間くらいだそうです。つまり、まとめると

  • 初回の無料カウンセリングのみで1時間
  • 初回の無料カウンセリング+治療開始で1時間半
  • 2回目以降、診察のみで1時間

 という感じになるようです。

 基本的に完全予約制になりますので、待ち時間などはありません。

女性の薄毛治療の期間は半年~1年

 どういう治療プランにするのかで、治療期間は変わりますが、東京ビューティークリニックとして最もオススメしているプランが1年間プランなんだそうです。

 実際に7割くらいの患者さんがこのプランを選択するそうです。

女性の薄毛治療期間は約1年

 月に1回の通院が基本ですので、1年間で12回が基本プランになりますね。

 月に1回育児ストレスから解放される日を作って通院する形が理想かと思います^^

薄毛治療プランは融通が利く

 産後1~2年くらいだと、赤ちゃんの都合に合わせることがほとんどかと思いますので、予約通りにいかないこともあるかと思いますが、診察する日の融通はかなりききやすいと伺っています。

薄毛治療の電話予約

 例えば、月に1回の通院が難しい場合は、2ヶ月に1回の通院にすることも可能なんだそうです。基本的に、治療は患者さんに合わせて進めてくれますので、安心してください。

薄毛治療は最初の6ヶ月が最重要

 これは薄毛治療の統計的な話になるのですが、最初の6ヶ月の治療が勝負なんだそうです。最初の6ヶ月でどれだけ発毛させるか、発毛できる環境を整えるかが大事とのことです。

薄毛治療効果と時間の関係図

 ちょっと手書きで作ったかなり雑なグラフにはなるのですが、治療効果のイメージ図としてはこんな感じになるのだそうです。

 6ヶ月目以降も治療効果が出ないというわけではないのですが、治療開始初期と比べると緩やかな成長曲線になるのだそうです。

注射での治療も最初の6ヶ月が重要

 また、注射での薄毛治療も、1年間(12回)できないとしても、最初の6ヶ月はした方が良いとの意見もあるくらいです。

 ですので、最初の6ヶ月(6回)だけは、赤ちゃんをどうにか預けられる環境を作るようにするのが治療成功への近道と言えるかもしれません。

薄毛治療の注射薬

無料カウンセリングでも説明してもらえます

 ここまでで開設した事柄は無料カウンセリングでも説明してもらえますので、詳しくはそちらで聞いてもらえればと思います。

 重要なことは、通院するための時間を作ることだと思います。これが最初から最後まで続く最難関だと思います。

無料カウンセリングでの説明

時間を作ることが最も重要

 と、いうわけで、最初の6ヶ月間の6回、たったの6回にはなるのですが、この都合をつけることが最初の目標になるかと思います。

 自宅からの通院時間や、都合の付けられる日付など、色々と考えるポイントや悩むポイントはあるかと思いますが、以下のページではどうにかして時間を作る方法を紹介しています。

 実際に、以下のページを読んで、通院を始めたという方の声もいくつかいただいています^^

関連記事 東京の銀座院で無料カウンセリングの時間を作る方法
関連記事 大阪の梅田院で無料カウンセリングの時間を作る方法
関連記事 愛知の名古屋院で無料カウンセリングの時間を作る方法
関連記事 埼玉の大宮院で無料カウンセリングの時間を作る方法
関連記事 北海道の札幌院で無料カウンセリングの時間を作る方法
関連記事 福岡院で無料カウンセリングの時間を作る方法
Page top icon