産後の抜け毛と頭皮の乾燥

頭皮の乾燥は油分の不足が原因

 ほとんどの場合でシャンプーのしすぎが原因で頭皮が乾燥するのです。産後であろうとなかろうと、20代後半くらいから頭皮の皮脂の分泌量が少なくなっていくことに気付かず、今までと同じ洗浄力の強いシャンプーを使用し続けていることで起こります。

 30代になる頃に一度、アミノ酸系シャンプーなどの洗浄力の弱いタイプのシャンプーを試してみることをオススメします。

今まで使っているシャンプー

 また、出産後から体質が変わってしまって、今まで使っていたシャンプーが頭皮に合わなくなったというケースもあるので、気になる場合は一度シャンプーを見直すことがオススメされますね。

関連記事 産後の抜け毛対策-効果は薄いがアミノ酸系シャンプーから始めよう

頭皮の乾燥が進むと痒みやフケが発生する

 頭皮の乾燥が進むと頭皮がかゆくなったり、フケが発生したりしていまいます。フケを予防しようと1日2回シャンプーをしてしまう方がいますが、実はそれこそが逆効果なのです。

今まで使っているシャンプー

 フケを完全に落としてしまおうと、シャンプーしようという考えなのでしょうが、頭皮から油分が足りなくなっているところからさらに油分を奪ってしまうので、更に頭皮を乾燥させる行為をしています。

 頭皮のバリア機能がどんどん失われて、かゆみ→炎症→抜け毛へと発展していく可能性を高くしてしまうのです。

シャンプー以外の頭皮の乾燥対策

頭皮の乾燥対策
オイルパックをする 乾いた頭皮につばき油、オリーブ油などを塗り、5~10分待つ。
その状態から普通にシャンプーをして油や汚れを落とす。
シャンプーの回数を減らす 1日2回シャンプーしている場合、シャンプーしすぎの可能性も。
基本は1日1回として、それでもダメなら2日に1回でも大丈夫です。

このページのまとめ 

 頭皮の乾燥が進むと、痒み・フケを発生させるだけでなく、最終的に抜け毛にまで発展する可能性もあります。ほとんどの原因がシャンプーのしすぎですので、回数を減らしたり、洗浄力の弱いアミノ酸系シャンプーに変えてみるなどをオススメします。

Page top icon