産後の抜け毛の原因は育児ストレス

 産後の抜け毛は女性ホルモンの現象が大きな原因の1つですが、それ以外にも育児ストレスというものも大きな原因の1つです。

育児でのストレス

 特に産後の抜け毛ともなると、大半が育児関連ストレス(&使えない旦那へのストレス)が爆発してしまう時期でもありますので・・・。

抜け毛に繋がる育児関連のストレス

育児そのもの

 赤ちゃんとの生活は大変なことの連続です。初産ならなおさらですが、2人目ともなると更に忙しくなりますし、1人目のときよりも歳を重ねているため体力の低下や回復力の低下など色々・・・。

育児自体のストレス

 育児をストレスと感じないママはほとんどいらっしゃいません。実際に楽しく育児をされている方もいるのですが、体の方はストレスに感じているケースも多いのがホントのところなのです。

睡眠時間が取れない

 赤ちゃんに昼も夜も関係ありません。ママは授乳もありますし、睡眠不足になるのは仕方がないことです。

睡眠不足で寝落ち

 赤ちゃんのお世話をしつつ、寝かしつけをしていて一緒に寝落ち・・・なんてこともありますよね。

 睡眠不足などが原因で抜け毛が増えることも分かっていますので、家事などは一旦放り投げて少しでも睡眠時間を確保したいところです。

 赤ちゃんが眠っている間に色々やりたい気持ちも分かりますけどね^^;

食事の偏り

 赤ちゃんに生活リズムを崩され、食事がままならないことも多くなります。できあいのもので済ますこともあるでしょうし、場合によっては食事を摂れないことも多くなります。

コンビニのパスタ

 また、しっかり食事を摂っていると思っていても、実際はパスタばかりだった、おにぎりで済ませていたなど、偏ってしまっている場合があります。

 通常、多少の偏りがあっても大きな問題はないのですが、授乳をしていれば栄養がごっそり持っていかれてしまうので、問題となることがあるわけです。

使えない旦那

 いや・・・えっと・・・ゴホンゴホン・・・ゲホゲホ。つまりはそういうことです。世の中にはイクメンと呼ばれる旦那さんもいるわけですが、どのくらいイクメンなのかは本当のところは分かりません。外ではイクメンぶってる旦那さんは多いと思いますが・・・。

使えない旦那

 旦那さんが使えないのは、もうどこのご家庭も同じだと思いますので、〇〇さん家の旦那さんはやってくれてるのにとか、そういうことを思わないようにしましょう。

 〇〇さん家の旦那さんだって使えないのは同じですよ^^;

1人目のときより、2人目の方がストレスは多い?少ない?

 この話題も賛否が分かれるものの1つなのですが、人によって感じ方が異なるようです。下の体験談を読んでもらえればわかると思います。

 ここでは、『抜け毛の多さ=ストレス』というバロメーターで体験談を紹介しています。

2人目のときの方が、恐ろしく抜け毛が多かった・・・という声

 出産経験のある看護師さんと話をして聞いたのですが、1人目よりも2人目のときの方が恐ろしく抜け毛が多かったという体験談です。

二人目の妊娠

 抜け毛に関しては個人差もありますし、思い込みや、当時の錯覚などもあるでしょうが、一般に2人目を生むときの方がママの年齢が進んでいるからと考えられています。

 20代で1人目を出産し、30代になってから2人目・・・っともなると、体力面において衰えが隠せない部分も出ていますので、抜け毛が増えるのではないか??っとうことです。

2人目のときの方が、抜け毛が少なかった・・・という声

 こちらはネットで調べていて見つけた意見なのですが、2人目のときの方が抜け毛が少なかったという逆の意見もあるようです。

1人目の子育て

 上で紹介したように、体力面では2人目のときの方が衰えているわけなのですが、1人目のときに出産を経験していることや育児の経験があり、ママとして成長していてストレスをさほど感じなくなっていて抜け毛がマシになるということもあるようです。

このページのまとめ 

 1人目だから、2人目だから、ということではなく、産後の体力(ストレス含む)回復の早い遅いが抜け毛の量と関係していると考えられますね。

 女性ホルモンの現象が早くに安定すれば、抜け毛も早く治まるという方程式も当てはまるかと思います。

産後のママの体力

 一般に産後1年くらいで抜け毛は治まるはずなので、それ以上の経過でも治まらない場合、何らかの対策が必要と考えられます。

 一人で抜け毛について悩むくらいなら、一度専門クリニックに相談してみてはいかがでしょうか??

関連記事 産後1~2年以上の抜け毛対策|薄毛治療クリニックで真実を聞いてきた
Page top icon